【NGO合同記者会見】 熊本地震×伊勢志摩サミット×SDGs ~持続可能な「防災」 への市民提言~

日本そして世界で大規模な災害が頻発する中、防災・減災は喫緊のグローバル課題のひとつであり、持続可能な開発の鍵でもあります。

・熊本地震、東日本大震災の教訓を世界でどう活かすのか?
・災害リスクにつながる環境課題に、世界はどう対応すべきなのか? Continue reading

JCC-DRR 活動報告会のお知らせ

2015年10月に発足した「防災・減災日本CSOネットワーク(JCC-DRR)」のこれまでの活動を振り返るとともに、参加団体それぞれの取組や強みを活かして「災害に強い社会」づくりに向けて何ができるかを考える活動報告会を開催いたします。 Continue reading

【プレスリリース】イスタンブール「世界人道サミット」 5/21 記者会見 福島原発事故の教訓を伝える

イスタンブール「世界人道サミット」
5/21 記者会見 福島原発事故の教訓を伝える

PDF:English Version(80KB)

2016年5月18日

5月23日~24日、国連主催の世界人道サミット(WHS)がトルコのイスタンブールで開催され、各国政府、市民社会から約5000人の代表らが参加します。これに合わせ、日本の市民団体「福島ブックレット委員会」とトルコの市民団体「イスタンブール反核プラットフォーム(Istanbul NKP)」は、同サミットに参加する世界の人々に福島原発事故の教訓を伝えるための記者会見を5月21日、イスタンブールで行います。 Continue reading

世界人道サミットへのコミットメント を発表しました。

世界人道サミットへのコミットメント

PDF:日本語版(601KB)English Version(422KB)

2016年4月30日

「防災・減災日本CSOネットワーク(JCC-DRR)」は、2015年3月に仙台市で開催された第3回国連防災世界会議に向けて活動した「2015防災世界会議日本CSOネットワーク(JCC2015)」の成果と課題を引き継ぎ、2015年10月に設立された。本ネットワークは、「災害に強い社会づくり」に向け、以下を目的とした活動を行っている。

Continue reading

【コラム】私たちは熊本地震から何を学ぶべきなのか~序章(CWSJapan事務局長 小美野剛)

20160428_044月23日から熊本に入り、被災された方々、支援団体・関連組織、大学教授等の有識者と話をしてきました。まだまだ教訓を、という段階では無い事は十分承知しておりますので「序章」としていますが、現地からいくつかの課題も見えてきましたので、特に防災・減災日本CSOネットワーク(JCC-DRR)の加盟団体の皆さま、そして関係者の皆さまに共有したいと思います。限られた時間の中で限られた人にしかお会いしていませんので、全て網羅しているわけではありませんが、日本社会が抱える減災・防災の課題について、現時点での問題提起をしてみたいと思います。課題解決はもちろん可能ですが、このまま放っておけば深刻な事態になります。 Continue reading