1/23 国際シンポジウム「どう伝える?福島の教訓~グローバルな視点から考える」を開催します。

2011年3月11日の東京電力福島第一原子力発電所の事故からもうすぐ7年となります。政府や行政は盛んに福島の復興を伝えています。しかし、一般市民や被災者の立場から原発事故を振り返り、そこから得られた教訓を伝える活動はそれほど多いとは言えません。
2015年にいくつかの国際協力NGOが中心となり、ブックレット「福島10の教訓~原発災害から人びとを守るために~」を作成しました。これまで14言語に翻訳され配布されています。
現在私たちは次の段階の活動として、開発教育や環境教育に学びながら、福島の原発事故の教訓を世界によりわかりやすく伝えるための新しい教材作りに取りかかっています。そこで今回、福島の教訓を効果的に世界に伝える方法を考えるシンポジウムを開催します。韓国、台湾、タイ、インド、トルコ、ヨルダンの市民運動、開発/環境教育、NGO、ジャーナリズムに関わる市民が、対話を通して伝える方法を探ります。世界各地の核や原発をめぐる状況を共有するとともに、このシンポジウムの学びを新しい教材作りに活かしたいと考えます。ぜひご参加ください。

Continue reading

【防災ダボス会議】マルチセクターの協働を促進するMIRAIコンセプト発表!

11月27日、World Bosai Forum(世界防災フォーラム/防災ダボス会議)が仙台国際会議場で開催され、防災・減災日本CSOネットワーク(JCC-DRR)は、「MIRAI(Multi-sectoral Initiative for Research, Action, and Impact)」と題したセッションを行いました。本セッションの背景にあるのは、昨今は気候変動の影響などから災害リスクが増え続けており、またそこから連鎖する社会的・環境的・政治的リスクを鑑みると、世界の現状は待ったなしの状態である、ということです。 Continue reading

11/5 『復興応援フェス2017 in 仙台』を開催します。

「音楽がつなぐ応援の輪」をテーマに、復興支援を続ける仙台・気仙沼・東京の音楽アーティストが一同に会し、音楽を通して東北を応援していくためのイベントです。
防災NGOネットワークであるJCC-DRRと音楽アーティスト有志の共同企画。音楽ファンの方も、復興に尽力されている方も、ぜひ一緒に参加して盛り上げて下さい!

Continue reading

10/29 「防災減災イノベーションカフェ2017「視点。78カ月目の現在とこれから」~市民が見つめる”より良い復興”の現時点検証~」を開催します。

防災・減災日本CSO-ネットワーク マルチセクター協働小委員会が、「防災減災イノベーションカフェ2017 「視点。78カ月目の現在とこれから」~市民が見つめる”より良い復興”の現時点検証~」を開催いたします。
10月29日(日)河北アド・センター 石巻支社で開催しますので、足をお運び下さい。

Continue reading

JCC-DRR Youth 防災・減災スタディツアー(2017年3月実施)の報告書を公開しました

2017年3月に実施したJCC-DRR Youth 防災・減災スタディツアー「東北の若者の声を世界へ届けたい!-出会い、知り、伝えるー」の報告書が完成しました!
内容は、日本語、英語での記載となっております。
東北で出会った方々や、JCC-DRR Youthメンバーからのコメントもございますので、ぜひご一読ください。
報告書(PDF:2.5MB) Continue reading

6/27 JWNDRR「第3回勉強会」のご案内

男女共同参画と災害・復興ネットワーク(JWNDRR)から、「「男女共同参画と災害・復興ネットワーク」 第3回勉強会」の案内がございました。
5月22-26日の防災グローバルプラットフォーム(2017GPDRR)参加者の報告もありますので、是非ご参加ください。

Continue reading