7月18日開催オンラインイベント「東日本大震災10周年企画『10年の学びを、これからの10年へ』」

JCC-DRRの運営団体、地域連携プラットフォームより、オンラインイベントのご案内です。

東日本大震災では、阪神淡路大震災以降の多くの問題が顕在化したが、ここでは、そのうち災害時の問題と復興のプロセスを取り上げる。あわせてCOVID-19 が引きおこしている状況との関連についても触れます。

阪神淡路大震災の「体験を教訓として生かすこと」として、ビジョンのようにめざすべき社会を想定したフレームワーク(例えば行政による総合的な計画)に与えた影響、そして災害時の要避難者に対する個別計画から透けて見える公助の限界に加え、コロナ禍の地域包括ケアが直面している課題などについて考えます。さて、体験は教訓として生かされているのでしょうか。

東日本大震災で顕在化した問題とCOVID-19 による状況が引きおこす問題を、SDGsの目標から考えるのではなく、SDGsのアジェンダから考察し、「誰一人取り残さない」地域と世界をアジェンダをつくり実現していくことを考えます。これらによって、SDGs・ESDと防災・減災について参加者と論議します。

防災・減災日本CSOネットワーク(JCC-DRR)・一般社団法人地域連携プラットフォーム
東日本大震災10周年企画「10年の学びを、これからの10年へ」

日時
2021年7月18日(日) 13:00- 16:00
場所
オンライン GoogleMeetを使用 (後日、申込者に使用法とリンクをお送りします。)
主催
一般社団法人 地域連携プラットフォーム

イベント内容

・「タイトル検討中」 兵庫県立大学教授 畑正夫
・「SDGs・ESDと防災・減災」一般社団法人 地域連携プラットフォーム 共同代表理事 長岡素彦
・質疑・論議

お申込み方法

下記のページから、お申し込みください。
申込締切:7/17 午前中

https://peatix.com/event/1932929/view

JCC-DRR 防災・減災日本CSOネットワーク

東日本大震災10周年企画「10年の学びを、これからの10年へ」

2021年3月11日で東日本大震災から10年を迎えました。発災直後からJCC-DRRの加盟団体は現地での支援活動やアドボカシーに従事し、現在まで多岐にわたる活動が展開されています。復興は「人」の営みであり、10年という期間が短いか長いかは人それぞれですが、一つ確信を持って言える事は、東北の方々を始め、被災された方々に寄り添いこの10年を過ごす中で、JCC-DRR加盟団体の皆様が防災・減災に関する知見を積み重ねてきた事ではないでしょうか。それがまさに市民社会の強みであり、それらの学びを集約し、今後の10年に活かす事で仙台防災枠組の達成に寄与していきたいと考えます。

一般社団法人地域連携プラットフォーム

東日本大震災以前から持続可能な地域づくりやESDを実践していたが、震災後も直接支援と共に「ESDと復興」というプロジェクトを始め、各地でESD地域ミーティングを行い、日本の市民・CSOで2015防災世界会議日本 CSOネットワーク(JCC2015)として国連防災世界会議にも意見を反映していく活動し、復興プロセスと教育・ESDでどう復興を進めていくか構想した。その後、CSO市民社会組織(NPO・ NGO)などと防災・減災日本CSO­ネットワークを結成し、提言・アクションを行っている。