main
  • 市民のための仙台防災枠組 2015-2030

    2015年3月に仙台で開催された第3回国連防災世界会議における採択文書「仙台防災枠組2015-2030」を、市民に分かりやすく解説する冊子「市民のための仙台防災枠組」を製作しました。
    2015年9月に国連総会で採択された「私たちの世界の変革:持続可能な開発のための2030年アジェンダ」と並び、2030年までに世界が目指すべき方向を示した文書です。私たち、JCC-DRRは「仙台防災枠組2015-2030」の実施に、市民社会の視点から取り組みます。

  • 子ども向け冊子「みんなの仙台防災枠組」

    特定非営利活動法人 チャイルド・ファンド・ジャパン

    災害から子どもたちを守るためには、子どもたち自身が自分にできることは何かを考え、意見を出し合い、主体的に防災の取り組みに参加することが大切です。チャイルド・ファンド・ジャパンは、「緊急時、防災における子どもの保護の能力強化」を優先課題の1つとして掲げ、防災の取り組みのなかでも子どもの権利が守られるための活動を行っています。

  • 災害ボランティア入門

    一般社団法人ピースボート災害ボランティアセンター

    個人でできる災害への備え、災害支援に関する一般知識、被災地で注意すべきケガや病気、ボランティアに参加する心構えや持ち物などを学ぶことができます。被災地での活動経験を持つ講師による無料セミナー、パソコンとインターネットで気軽に学べるWeb検定のほか、企業やボランティア団体、地域の自主防災組織などからの依頼に合わせた講師の派遣も可能です。

  • ふくしまから世界へ

    福島ブックレット刊行委員会

    「ふくしまから世界へ」は、福島原発事故の教訓を世界へ伝えるためのプロジェクトです。2015年3月に仙台にて開催される「国連防災世界会議」では、世界中の災害や防災の専門家が一同に集い、国を越えた協力体制について話し合います。
    その機会に、災害である福島原発事故の教訓を世界に伝えたいと考えた市民団体によって、「福島ブックレット刊行委員会」が結成、ブックレットを作成しました。

1 2 3 4
  • ふくしまから世界へ